どんな会社に頼めばいい?店舗デザインを依頼する方法とは

デザイン設計会社に依頼するときのポイント

デザイン設計会社は歯科医院や飲食店など、店舗外観や内装のデザインを行っているのが特徴です。会社によって得意な業種や店舗の大きさは異なり、デザインだけでなく設計監理業務も請け負ってくれます。施工は別の会社が行うので、第三者の立場から工事内容や進行状況をチェックしてもらえるのが強みです。工事の見積もりも、同じ図面やデザイン案で複数の施工会社から取ることができます。費用を比較できるので、見積もりが妥当なのか調べたいときにも最適です。先にデザイン設計会社と契約を結び、後に施工会社と契約することで依頼完了となります。窓口が複数になるので、工事に遅れが出ないよう連絡をこまめに取っておくことも大事でしょう。

設計施工会社に依頼するときのポイント

設計施工会社はデザイン設計と施工をまとめて請け負ってくれるのが特徴です。施工会社と契約する必要がなく、内装デザイン案と施工工事の見積もりも同時に出してくれます。設計から施工まで同じ会社が一括で行うので、情報をスムーズに伝達できるのも強みです。設計期間中に施工準備へ取り掛かることで、工事までの期間も大幅に短縮できます。打ち合わせの回数も減らせるため、スケジュールをコンパクトにまとめたい場合にも最適です。工事した会社とのやり取りなので、店舗出店後のアフターメンテナンスも頼みやすくなっています。施工費の相見積もりが取りにくいため、少しでも費用を安く抑えたい場合は事前に相場をチェックしておきましょう。

店舗のレイアウトや装飾の専門家は、工務店に所属していたり個人でデザイナーを名乗っていたりします。店の新築や改装の際には、このような人たちに店舗デザインを依頼することになります。