建物を建てられる地目?境界をチェックして土地を買おう!!

住宅が建てられる地目かどうかを確認

住宅を建てる時、住宅地であればあまり地目などは気にしないかもしれません。とは言いながら事前に調べておかないと土地を買ってから建物を建てられないなどがあるので注意が必要です。市街化調整区域になっていると、指定前に建てられた住宅はそのまま使えますが、新たに建てられません。別荘を建てたいとき、土地を購入して建物を建てるかもしれません。自然の残るところで市街化調整区域になるかどうかはわかりませんが、設定されていればいくらいいところでも建てられません。その他農地に指定されているときも大変になります。農地のままでは建物を建てられないので農地転用の手続きをしなくてはいけません。一般的な土地よりも建てるまでに時間がかかる可能性があります。

土地の境界をはっきりさせて購入する

別荘を建てて週末などにのんびり過ごしたいと考える人はいるでしょう。住宅地などと違って土地が安いところもあります。簡単な住宅なら安く建てられ、意外にリーズナブルに購入できます。隣との距離もそれなりにあって、静かに過ごせるところもあります。別荘を購入するときはまず土地の購入があります。そのうえで建物を建てます。土地は平米当たりで金額などが決められていて、不動産情報などにもそれらの情報が記されています。そのために安心して購入してしまう人がいます。不動産の情報には必ずしも登記の情報がそのまま記されているとは限らず、境界があいまいなまま販売されている時があります。買ってからトラブルにならないよう、境界をはっきりさせてから購入しましょう。

八ヶ岳の別荘を建てることができれば、非常に快適な暮らしを送ることができます。天候も穏やかな地方です。